帰化許可申請

帰化とは

帰化とは外国の国籍を離脱して、日本国籍を取得することであり、帰化が許可された場合は日本の戸籍が作られます。
帰化には一般的な普通帰化と地縁関係、血縁関係によって手続きが簡素化される簡易帰化、日本に特別な功労があった外国人に対して帰化条件を問われない大帰化の3種類があります。

 

帰化するための要件

  1. 引き続き5年以上日本に住所を有すること。
    ・同居の家族も一緒に申請する場合、妻と子は日本での居住歴が3年以上あれば申請可能
  2. 20歳以上で本国法によって能力を有すること。
    ・家族で申請する場合であれば、子供は20歳未満でも大丈夫です。
  3. 素行が善良であること。
    ・会社経営者であれば、適切な所得申告や納税義務が重要です。
    ・交通違反も注意しなければなりません。
  4. 自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること。
    ・帰化許可申請者は、自分または生計を同じにする配偶者その他の親族によって生計をたてることができなければなりません。
    ・特に高収入、多資産である必要はありませんが、負債が多いと不利になります。
  5. 日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと。
    ・帰化を申請する者は無国籍者であるか、または日本の国籍を取得することによって、それまで有していた国籍を失う者でなければなりません。
  6. 日本国憲法や政府を暴力で破壊することを主張する政党や団体を結成したり、これに加入したことがない者でなければならない。

 

必要書類例

(作成書類)

(官公署から取寄せる書類)